부산미술의 어제와 오늘 BUSAN MUSEUM OF ART
HOME > 所蔵品 > ご紹介

ご紹介

釜山市立美術館は、同時代の社会と文化をよく表現した近・現代美術作品および美術関係資料を開館以来収集し、
2010年現在約2,000点余りを所蔵している。
韓国の近・現代美術品と釜山を中心に活動した作家の美術作品と中国、日本、ベトナムをはじめヨーロッパと米国の現代美術作品など多様な作品を所蔵している。

釜山の近・現代美術

ヤン・ダルシク、ウ・シンチュル、キム・ジョンシク、イム・ホ、ソン・ヘス、ソ・ソンチャンなど釜山の近代美術を切り開いた故人作家の作品をはじめ釜山形状美術作品と設置美術作品、また釜山で活動している主要作家の作品を所蔵している。

中国現代美術

ユエ・ミンジュンをはじめチャン・シャオガン、ツイジェン・クオ、フォン・ジョンジエ、ジョウチュンヤなど、世界的に有名な中国の現代美術作家の作品を所蔵している。これらの作品は中国の現代美術が国際的に注目を浴びるようになった動機と原因を研究する重要な研究資料だ。

シン・オクチンコレクション:日本の近・現代美術および釜山美術

シン・オクチンは釜山市立美術館に多くの作品を寄贈した。特に韓国の近代美術に多くの影響を与えた日本近代期の美術作品、特に熊谷守一、レオナルド・フジタ、小糸健太郎など50点余りを越える作品を寄贈し、釜山市立美術館だけの特別な所蔵品となった。

ハ・ジョンウン寄贈作品:ヘンリー・ミラーおよび在日作家の作品

ハ・ジョンウンは在日韓国人事業家で、韓国の美術館に多くの作品を寄贈した。釜山市立美術館にも多くの作品を寄贈したが、その中でも特別なのは小説'北回帰線'で有名な小説家ヘンリー・ミラーが描いた作品180点余りである。

豊英コレクション:ベトナム美術

ベトナムの風景と日常、事件と歴史の込められた作品80点余りを所蔵しており、その他にも300点余りを寄託作品として所蔵している。これは日本人コレクター伊藤豊吉・多美子夫妻の寄託と寄贈で成り立ったコレクションだ。